カテゴリー : 史観雑感

どこからがマニアなのか

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

以前テレビ番組で、城が好きな芸人が「こいつ、天守閣を見たら何城か判るんだって 8O 」と揶揄されていた。そしていきなりクイズが出た。表示される天守閣を見て城の名前を当てろということだったが、モニターに出てきたのは熊本城。どこからどう見ても熊本城。宇土櫓の辺りから仰角で撮影し、向かって左に大天守という周知のアングル。

その芸人は暫く視線が動いていた。その気持ちは判る。「 :roll: さあこの写真で判るか!」と大上段に構えたクイズである。高知城か掛川城、犬山城か清洲城みたいなひっかけや、名もない復興天守が来るかなと思いきや……熊本城である。どんな罠があるのかと、彼が半分疑問文で「熊本城?」と答えると、スタジオ全体が「ええー」というか「おおー」というか不思議な反応をしていた。その後の司会者が「正解! でもなんで判るんだ?」と訊いて来る。

城好き芸人が困っていた。もし私が訊かれても困るだろうと思う。熊本城天守と何を間違えろというのか。下見板張りが黒いから松本城か岡山城……いやいや、さすがにそれは間違えない。この後、「こんなマニアックな知識をどこで手に入れるのか」とか「『おたく』やマニアは恐ろしい」という展開になったのが印象的だった。

この程度でマニアなのだろうか。姫路城・名古屋城・熊本城・大阪城は国民的常識として天守の形状を覚えているのではないか。それに準じて、弘前・松本・丸岡・犬山・彦根・丸亀・伊予松山・備中松山・高知・宇和島・松江はぼんやりでも判るのではないか。これまではそう考えていた。しかし、いわゆる歴史ブームと呼ばれる昨今であっても、知識は浸透していないようだ。

寺院建築だと見分けがつかないのも止むを得ない気がする。私も多数ある五重塔はごっちゃだ。浅草寺も法隆寺もはっきりとは判らない。しかし、破風や層数、瓦や窓が明快に異なる天守で間違いが生じるとすると、歴史に興味のない人(いわゆる一般人)は地元の天守ですら形を覚えていないのかも知れない。そして覚えている人間のことは強烈な城マニアと受け取るようだ。彼らは天守がないことを指して「城がない」という。逆に、歴史根拠のない模造天守であっても気にしていない。

稜線を歩いていて急に立ち止まり「これ、堀切じゃない?」と縄張りを妄想し出す御仁はマニアと言っていいだろうが、その場合一般人はどう受け取るのだろうか。興味がわきつつもまだ試したことはない。

遺構保存の課題 小田原城跡樹木伐採 2

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

小田原城内の樹木伐採で出てくるかも知れない遺構については、下記にある既存の事例が参考になるだろう。

『小田原市史 別編 城郭』(小笠原清編・小田原市)による推測

  1. 小田原城の始原(大森氏以前)は御前曲輪東にある異質な構造物にある。
  2. 現在の本丸が城地になった当初、現・御用米曲輪は二の丸、蓮池が正面の堀だった。
  3. 「氏康の居館は大池3つに囲まれている」という天文20年の文献から、蓮池・二の丸前の池・南曲輪前の池が個別に存在しており、これをつなぐことで二の丸外郭が構成された。
  4. 弁財天曲輪は攻撃的な大手門で、上杉輝虎・武田晴信攻撃時の幸田口(四ツ門・蓮池の門・蓮池口の四ツ門・四ツ門蓮池)はここ。
  5. 焔硝曲輪は弁財天曲輪を避けた敵を呼び込むトラップ。
  6. 馬屋曲輪は後北条時代に防御的構造物として作られた。
  7. 三の丸外郭も後北条時代に遡れる可能性があるが、遺構が完全に重なっているため畝堀の検出は難しい。
  8. 石垣山城から1591(天正19)年銘の瓦が出土しており、小田原合戦後も石垣山城が築造されていたことが確定している。
  9. 御用米曲輪にあったと思われる米・焔硝曲輪にあった小田原石の構造物については後北条からの伝承が絡んでいる。

上記を受けて、発掘があった場合の成果予想を挙げてみる。

蓮池近辺からは、1561(永禄4)年の上杉・1569(永禄12)年の武田氏の小田原攻城時の遺物が出てくる可能性がある(永禄4年と比定される幻庵書状には鉄炮500挺とある)。うまくいけば、後北条氏だけでなく、上杉・武田各氏の遺物も見つかるだろう。また、1590(天正18)年小田原開城時に後北条氏保管文書が全てなくなったことを考えると、何らかの形で近世の本丸・二の丸・三の丸に埋蔵されている可能性もごく僅かだが残されている(既に出土された遺物には木簡が含まれる)。

このほか、東国で最も築城技術が発達した後北条の縄張りに、徳川の石塁技術がどう組み合わさったのかを検証できる点も重要だ。井戸・堀の位置が後北条時代・大久保前期・稲葉期では異なるとの事例が住吉堀の発掘で明かされた。さらには、築城が続いていた石垣山城との関連も気にかかる。羽柴秀吉が徳川家康を後北条旧領に封じた際、小田原城主とともに石垣山城主にも大久保氏を任命したという説があるという。そうなると、石垣山城がどこかで廃城となって小田原に資材が移った可能性が大きい。この実態も、発掘で解明されるだろう。

そして最も重要な点は、大森氏時代と思われる遺構が絡んでいるという点である。このことは、二の丸を含む本丸周辺の地下には、1417(応永24)年~1871(明治4)年までの454年に亘る日本城郭の変遷が含まれている可能性を示唆する。関東においてはこれに比肩するものは江戸城しかないが、首都であり皇居となっているこの城を徹底的に発掘することは難しい。鉢形・岩槻も価値が高いと思われるが、近世への変遷で中心拠点ではあり得ない。

城跡内で最も貴重だとされているのは本丸の松で樹齢400年だという。しかし、500年と推測される松は国内に複数存在しており、生態上唯一の存在ではない。一方、中世城郭を極限まで巨大化したり、近世将軍家の出城となったりした城は小田原城しかない。学術から見るならば、どちらを取るかは比べるまでもない。むしろ、伐採によって400年間の気候を把握できるだろう。

このように考えると、城跡公園の植栽全てを伐採して非破壊調査を行ない、その後は遺構を全て埋め戻して後世の精査を待つべきと結論付けられる。

遺構保存の課題 小田原城跡樹木伐採 1

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

小田原城跡公園の本丸・二の丸の景観を江戸期のものにするプロジェクトが、小田原市とTBSの間で紛争となっている。TBS著作の番組『噂の!東京マガジン』内で、小田原市が予定している公園内樹木の伐採を揶揄する内容を放映したためである。この伐採は、天守を見通せる8つのビューポイントを用意するためのものだという。

現在進行している案件に対して当サイトは検証しない。ただ、城郭遺構の保存についての興味深い事例だと考えるので、以下の2点について論じてみたい。

1)江戸期の小田原城景観はどうだったか(天守の景観を阻害するほど樹木が高かったか)
2)伐採により可能になる発掘調査で何が判るか

まず1の景観について考える(2については別エントリとする)。

銅門から本丸を見た際、確かに天守は見づらい。上の写真では銅門渡櫓入母屋の左に微かに見えている程度。何度も再建・修築した徳川家の意図や、東海道で参勤交代の大名に睨みを利かせたであろう事を考えると、天守はもっとよく見えたほうが「江戸時代の小田原城」としては正しいと思う。

詳しく解説された『小田原市史 別編 城郭』を元に江戸期小田原城の様子を箇条書きで挙げてみる。

『小田原市史 別編 城郭』(小笠原清編・小田原市)での推測

  1. 近世小田原城は、徳川家の所有であるという前提が存在。
  2. 御用米曲輪の米は徳川家のもので、大久保家の蔵は最初旭丘高校前、次いで小田原駅近辺にあった。本丸御殿・天守は徳川家当主が利用するものなので、大久保家当主は二の丸に居住。その本丸御殿は1703(元禄16)年に焼失していたので、幕末に徳川関係者が東海道を通過する際は、二の丸を開放した。御茶壷曲輪は徳川家に献上する茶を置いたという。
  3. 1590(天正18)年の開城で数十万石の米が後北条氏から徳川氏に付与されたということなので、後北条時代から御用米曲輪は保管庫として使われていた。
  4. 天守は3代
    • 初代[加藤図] 3層入母屋で2重櫓の上に望楼を載せる・1633(寛永10)年地震により倒壊か
    • 2代[正保図] 3層で最上階のみ入母屋で他は寄棟、最上階と第2層に勾欄・1703(元禄16)年に地震で倒壊
    • 3代[宝永天守] 復興天守と同じだが、上層への低減率が2つの模型で異なる。これは災害による修復時の度に上層階を小さくしたものと考えられる・1870(明治3)年民間に払い下げられ解体
  5. 2度の再建と度重なる修復によってでも天守を維持しているのは、江戸の出城という意識があったため。初期の本丸・天守は建築費が徳川家から拠出されていた。
  6. 江戸期は大久保前期・城番期(含む阿部期)・稲葉期・大久保後期に分けられる。
    • ~1614(慶長19)年 大久保前期・24年
    • ~1632(寛永9)年 城番期・18年
    • ~1686(貞享3)年 稲葉期・54年
    • ~1871(明治4)年 大久保後期・185年
  7. 大久保前期では後北条時代の構造を近世化していた。本丸・二の丸・馬屋曲輪・三の丸が石垣で構成されて本格整備されたのは稲葉期。
  8. 小峰曲輪・御用米曲輪の補修願いが大久保後期に出されているが、石垣にした形跡はない。
  9. 古写真で常盤木門の近辺は樹木が鬱蒼としている上、橋の欄干も破損したまま。
  10. 古写真で南曲輪の石垣上には松が生い茂って塀の代わりをしていた(2重櫓も漆喰が剥がれている状態)。
  11. 発掘により、幸田門跡からは大森時代とも思われる遺構が出た(後世築造による破損がひどかった)。
  12. 焔硝曲輪・弁財天曲輪・御用米曲輪に関して発掘調査は余り進んでいない。屏風岩は殆ど調査していない。
  13. 住吉堀の復元過程で、後北条時代の畝堀や井戸、溝が出て当時の縄張りが推測可能になった。
  14. 馬屋曲輪内には氏康の頃からと伝わる松の古木『住吉松』があった。
  15. 二の丸と小峰曲輪の間にある矢来門前に『頸塚松』があった。宝永年間の石垣築造で城内から大量の頭蓋骨が出土したので頸塚を作って松を植えたという。
  16. 本丸には後北条時代からと伝わる『七本松』があった。
  17. 古写真の植生は現在の城跡に近い印象がある。

■その他書籍による景観の推測

  • 松は篝火・松明・松脂などの軍事用照明・燃料として乱獲されたため、植栽例が多い。
  • その他に杉・竹・サイカチが多かったという。

上記は『軍需物資から見た戦国合戦』(盛本昌広著・洋泉社新書y)より

  • 1854(安政元)年築造の松前城を明治中期に撮影した写真には曲輪内で樹木が多く見られる。
  • 植栽が見られた全ての城では、杉か松が植栽されている。松は石垣の上に並木にして塀代わりにしている模様。
  • 保全費が足りず、石垣の隙間から雑草が生えている。
  • 但し、石垣を膨らませるような事例はないので、ある程度育った木は伐採していたのではないか。
  • 広島・大洲・熊本は天守の隣に大樹があって視界を遮っている。
  • 小田原城は漆喰も剥がれているひどい状態。明治の古写真を見ても、整備されている城とそうでない城の落差があるが、小田原は徳川系城郭(江戸・名古屋・彦根・大坂・二条)の中では整備不良の最右翼というポジション。

上記は『日本の名城《古写真大図鑑》』(森山英一編著・講談社+α文庫)を見ての所見

馬屋曲輪の松並木を観望。左は銅門。古写真と比較しても、松の高さは幕末と同じ程度。

上記から、幕末の古写真から推測すると伐採することで却って原型から遠ざかると結論できる。但し、古写真の城でもきちんと植栽が整備されている城(大坂・岡山・姫路など)があったため、大久保後期以前の景観を採用するならば、伐採を行なうべきだろう。

『小田原市史 別編 城郭』は絶版となって入手が難しく、ネット上でも公開されていない。このために小田原城に対する説明が行き届かない可能性が高い。小田原市は今後の城跡公園整備に合わせて復刊、もしくは入門書刊行、電子化による公開を行なうべきではないか。また、江戸期小田原城といっても、いつの段階かを小田原市は明示していない。近世の時期によって小田原城は全く違う状態になるため、説明すべきと考える。

和歌が苦手なのをどうしたものか

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

先日知り合いより、冷泉家主催の和歌についての講演会に誘われた。私が歴史好きなのを知っているので、打診してくれたようだ。しかし、残念ながら苦手なのである。クラシック音楽を聴くのと同じで、鑑賞すると猛烈な眠気が襲ってくる。生まれついての散文人間なのだと思う。

ところが、史料の読み込みで和歌が出てくることも多いのが悩みどころ。冷泉為和の日記に「河つらとハ今河家ニ禁也、同嶋も禁也、殊新嶋一段不吉」という意味深な表記が出てくる。川面・島が禁句であり、特に「新島」は一段と不吉だというのだ。謎の死を遂げた今川氏輝について、今川系図で「入水」とつなげられていることが思い起こされる。安倍川に出来た新しい中州で何かあったのか……。

という辺りで私の探求は終わる。何故なら、川面・島を禁句とするのがどの程度異常なのか不明なのだ。その時の歌も引用されているものの、アップ時の解釈文では完全に省略している始末。やはりある程度は和歌のたしなみがないと、今後どんどん厳しくなってくる予感がしている。

以前神保町にて掘り出した『戦国時代和歌集』(1944年・川田順著)を紐解いてみようかと思う今日この頃。

昔の人の距離感覚

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

大村家盛紀行文によると、彼は1日辺り8~9里(32~36km)歩いて旅行している。1日頑張るのであれば現代人でも可能だと思うが、備中国から武蔵国までこのような速度で移動するのは不可能だと思う。
とはいえ不可能だと思うのは戦後以降になって初めてかも知れない。私の親戚の話を聞いたことがあるが、太平洋戦争最末期から戦後の混乱期にかけて、静岡県三島の楽寿園のそばから神奈川県小田原の酒匂まで10歳前後の兄弟二人、1日かけて歩いて来ていたというのだ。国道1号線をまっすぐなので、迷うことはない。また、見つけた自動車が止まってくれて、よく乗せてくれたともいう。近年でも浮浪者が徒歩で箱根越えをしている。
しかし、往路それで遊びに来て、帰路に祖母が汽車賃を与えても「もったいないから小遣いにしたい」と言ってまた歩いて帰ったという。とても信じられない話だが、当事者から直接話を聞いたのでソースとしては確実である。
三島と小田原の距離は大体30km。山越えという点を考慮すると、戦国期の大人以上の移動能力を発揮したことになる。さすがにそれはないと思うので、ヒッチハイクの成功率が高かったような気はする。ただし、ヒッチハイクできなければ30kmを歩かねばならない訳で「それなら子供でも1日で歩ける」という感覚を当時の人々は持っていたことは確実だ。

軍監が女性だったらと考えてみる

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

どの戦で天守が「司令塔」だったのか??

上記はいつも拝読している『城の再発見!』ブログのエントリーだが、大坂夏の陣屏風絵で描かれた天守では窓に女性の顔があることを指摘している。また、城主が天守に登るのは落城が決定的になった時であること、天守は大奥・詰めの曲輪に連結していることも触れられている。そして、天守自体は鉄炮・大砲の的になるのに、なぜ女性が存在するかは疑問だとされている。

天守は人質を入れていたと考えると、ある程度納得はいく。陣地の奥なら守り易く逃げられにくいだろう。ただ、天守から戦場を見下ろした女性たちが、軍監も兼ねていたと考えることも可能だ。戦っている父・兄弟・夫・息子の活躍を熱心に見て勤務評定につなげただろうし、男たちもそれを意識して指物や前立を目立つようにしたのだろう。

鈴木眞哉氏は『戦国軍事史への挑戦 ~疑問だらけの戦国合戦像 』(歴史新書y)にて、戦場での勤務評定が具体的にどのようになされていたかは不明としているが、野戦も含めて女性軍監がいたと考えるのも一案ではないかと思う。その利点・不利点を挙げてみる。

利点

  1. 男が敵前逃亡できない
  2. 居住地域ごとに軍監も編成されており、抜け駆けなどは軍監同士で相互監視
  3. 他人の監査ではないため、納得性が高い
  4. 人質も兼ねて軍と移動を共にするため、留守中敵方に内通できない

不利点

  1. 急速に戦線が崩壊した場合、軍監(人質)まで拉致される危険がある
  2. 女性内での序列が勤務評定に影響する可能性がある
  3. 軍監部隊が大きくなり、補給物資の量が増大する

現在この考えに史料的根拠はないが、後北条氏が人質の管理を民間に委託していたりという意外な事実が徐々に明らかになっていることもあり、可能性はゼロではない。この留意点に立って、いくつか史料を当たってみようかと思う。

女性たちが熱心に見守り、声援を送る。これは兵士のモチベーションを上げる最強の手段だと思う。そう考えて改めて天守を観察すると、優美な様式のものが存在する理由も判りやすい。そして、会津若松の天守が燃えていると勘違いした白虎隊の絶望には「母や姉妹が焼かれて誰も見守るものがいない」という切迫したものが含まれていたのかも知れない。

4 / 512345