誤解釈の疑い


遺構が刻々と失われている状況で全国の城跡を調査することは、大変意義深い活動だと思っている。職業的な研究者では到底手が回らない部分を、アマチュアが主体的に調べて開示してくれている。

その一方で、翻刻された文書の解釈は100年後に行なっても構わないものだ。むしろ、新出史料や翻刻史料が年を追って増加することを踏まえると、今の時点で解釈を行なうこと自体、後考への悪影響になる可能性も高い。大局的に考えるならば、アマチュアの自分が行なってきた自己流の解釈と仮説構築について暗澹とした思いを禁じえない。

勿論、視点の異なる人間によって、同じ文書であっても異なる解釈が出てくる可能性はある。だから自己流の解釈をネット上に公開することで、後世参考になる仮説を導く契機になるかも知れない。

しかしそれとても、他の先行研究での文書解釈との齟齬がないという前提によって、自らの我流解釈への客観的信頼を担保できなければならないだろう。

2014年秋頃から顕著になってきたが、考察の参考にしようと書籍や論文を手に入れても、解釈の違いが気になって先に進むのが容易ではない。何とか手がかりを得ようと関連する文書を色々と読んでみるのだが、自分の解釈がどうして違ってしまうのかすら把握できずにいる。

独習する者にとってこれは非常に重い。読んだ文書の数は徐々にだが増えているのだから、知識不足というよりも、能力不足が原因だと結論付けられる。無自覚に解釈方向が捻じ曲がってしまっており、自己修正できていないのだろう。

このような状態で私の解釈を開示し続けるのは、歴史を調べる多くの方々への悪影響となる。だから一旦はサイトごと消去してしまおうかと考えてみた。ところがそれでは、この後で私と同じ手法を試みるアマチュアが出てきた際に、同じ轍を踏むことになると思い当たった。

私が試みている解釈法は、文書をデータ化して、似た文言が現れたところで比較して語彙を増やしていく手順である。目の前にある翻刻だけから解釈を試みたので、このやり方になった。後に『古文書・古記録語辞典』『時代別国語大辞典』も参考にしていくようになったが、基本的な手法は変わっていない。

無我夢中で解釈を重ねて来たのだけど、ふと気づけば自分の過去の解釈を真に批判してみた事がなかった。まずはこれをやってみよう。

うまく行かない確率の方が高そうだが、それならそれで、素人がこれを試みた結果、何がどう破綻していったのかを詳細にレポートすることで、幾許か世の中に貢献できるだろう。

どのように検証していくか、長考が続く……。

コメント受付不具合


Spamコメントが多かったため、年末よりSpamコメントのブラックリスト「bsb.spamlookup.net」を使用していました。このリストの効力が国内IPに及んでいたため、正規のコメントも受け付けられていない状態になっていました。

現在はリストの機能を停止しているため、コメントは行なえます。

もし不具合があるようでしたら、Contactからお問い合わせ下さい。

 

不正ファイル設置(対応済み)


1月8日にこのサイトで不正ファイルが置かれていたのでご報告。9~12日にメンテナンスモードになっていたのは原因究明と対応のためだった。

CMSとしてWordpressを利用しているが、このCMSは全世界で60%のシェアを持っているためにサイバー攻撃も集中し易く、昨年頃から管理者アカウントへの不正ログインを試みるアクセスは1日で数百件にのぼった。
座視もできないので安全策はある程度講じていた。

  1. adminアカウントの削除
  2. 管理パスワードの強化(6桁から13桁へ変更・独自認証追加)
  3. wp-admin配下の海外アクセス禁止
  4. 1週間ごとにアクセスログの容量をチェック(Bluteforth除け)

ところが、Wordpressがインストールされているディレクトリに、見知らぬファイルが4つ置かれていた(txt/cie.txt/config.txt/config1.txt)。それぞれは単なるテキストファイルだったが、cie.txtには外部から定期的にアクセスがあった。このcie.txtには「Hacked by Mr. DellatioNx196」という文字列だけが入っている。

アクセスログを見たところ、Wordpressのプラグイン「category and page icons」の脆弱性を衝かれていたことが判明した。

180.211.91.94 – – [08/Jan/2015:12:06:29 +0900] “GET /cie-x.txt HTTP/1.1” 404 33 “http://rek.jp/wp-content/plugins/category-page-icons/include/wpdev-flash-uploader.php” “Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/38.0.2125.122 Safari/537.36”

このアクセス自体は404で返しているものの、実際にcie.txtは存在しているので、wpdev-flash-uploader.phpが関与していることは間違いない。攻撃元のIPアドレスはロシアだったが、恐らく単なる踏み台だろう。

対応策として、このプラグインの作者にメールを送り、include以下のファイルへのアクセスを遮断した。

wp-adminを閉じたとしても、テーマ・プラグインでファイルコントロール系のスクリプトが含まれている場合は注意が必要だというのが今回の教訓。

ただ気になっているのが、20日が経過した現在もcie.txtへのアクセスを試みる通信がある点。アクセス元は「xxxxx.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp」(xxxxxはこちらで伏せた)で、プロバイダーasahi-netにつながっている個人用ルータではないかと思う。ご覧になっている方でasahi-netをお使いの方はルータの設定をご確認いただければ幸いである。

愛知県史資料編14着


愛知県に購入を申し込んでいた『愛知県史資料編14』が手元に入った。7月上旬には段取りはついていたのだが、諸事慌しく大幅に遅れてしまった。

内容をざっと見たところ、『戦国遺文 今川氏編』にもなかった氏真感状や、緒川・刈谷に言及した義元書状などがあって参考になった。「これは」という史料は随時アップしていく予定。

主な目的だった「菩提心院日覚書状」は長文なので、信秀に言及した部分のみの抜粋を上げようと考えている。軽く読んだ限りでは、三河国の情報源は鵜殿氏のようだ。鵜殿氏が帰依していた蒲郡の長存寺は、この書状が伝来した越後国本成寺(法華宗陣門流)の末寺であるから、その関係だろう。

未だ図書館にも出回っていないものなので、確認したいことがあれば気軽にお尋ねを。

 

完訳・南総里見八犬傳を発見


hakkenden02

私は折りを見て古書店を訪ねるのが好きだが、ブックオフは特に行くよう心がけている。不本意に二束三文で売りに出されている良書をサルベージするためだ。秋葉原店では、『日本城郭大系』の福岡・熊本・鹿児島編が1,000円で売られていたりした。

そんななか、ブックオフ多摩センター店で驚くような掘り出し物を発見した。羽深律が完訳を目指した『南総里見八犬傳―完訳・現代語版 』の第2巻が、なんと100円で売られていた。私が古文書を読むきっかけになった思い出深い本だ。もちろん購入。

あれは1998年頃だったと記憶しているが、近所の図書館でこの羽深版八犬伝を借りて世界が変わった。八犬伝は様々にリヴァイズされて現代に流布しているが、羽深律氏のように原文を遂一解釈している詳訳はなかった。登場人物や作者が何かの由来を語り出すとそれが無闇に長い。多くの現代版はこの冗長さを嫌い、そしてまた現代語のリズムに置き換えてしまっている。セルバンテスの『ドン・キホーテ』も同じような状況だが、どちらも原書に忠実な方が圧倒的に面白い。現代人の賢しらな小細工などはかえって興醒めである。
それはさておき。とにかくこの八犬伝は無類に面白く、一気に読んでしまったのだけれど、第6巻で途切れていた。物語としては不安定な箇所が一応終わって、後は犬江親兵衛の独壇場と関東大戦の予定調和だったから「まあいいか」という気にもなったのだが、やはり先は気になる。他に出版されているのは抄訳か原書しかない。さんざん逡巡した挙句、結局「続きを読みたい」という衝動のままに、岩波文庫の原書版に挑戦した。と、意外にもすらすら読める。曲亭翁の流れるような文体と総ルビに助けられながら最後まで読み通した。これで弾みがついて、戦国期の古文書を読み始めた。

第2巻は特に寂莫道人肩柳こと、犬山道節が華麗に登場する。表紙も火遁を使う道節。『忠』の珠を持つ彼は八犬士の中でも贔屓にしているので、何度読んでも楽しい。

『戦今』が終わらない


鳴海原合戦についてはほぼ考証が固まっているのだが、『戦国遺文 今川氏編』の刊行完了を待って結論を出そうと考えている。

いるのだが、全3巻の予定が終わらずに第4巻を1年以上待った。そしていよいよ今週末の4月25日に発売となった。版元の東京堂出版にいったところ内容が公開されていた。

永禄13年 2437号 ~慶長19年 2650号
今川氏真年未詳文書 2651号~2664号
補遺 2665号~2744号
索引(人名・地名)

補遺が79号あるのは素晴らしい。ちょっとしかないが氏真の年未詳文書も楽しみだ。ただ、その下に恐ろしい文字を見つけてしまった。

※第5巻(索引等収録巻)は2015年1月に刊行の予定です。

何というか、人気が高いために連載終了できない漫画のような展開だ。来年1月と書いてあるが、過去の経験上大体半年から1年遅れると思う。「索引等」というのも解せない。索引は第4巻に入っている。「等」とは何だろう。謎だ。

ちなみに私は、歴史関係の書籍は近所で贔屓にしている書店から必ず購入するようにしている。ジュンク堂本店かAmazonであれば金曜に入手も可能だと思うのだが、馴染みの本屋を応援する。時代遅れと言われても不便でも、そこだけは譲れない。『町の本屋さん』は絶対に必要なインフラだ。

などと言いつつ、配本されるまでの1週間は果てしなく長く感じられるのだが……。

2 / 1512345...10...最後 »