カテゴリー : 史観雑感

歴史を調べる意義

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

『クビライの挑戦 モンゴルによる世界史の大転回』(杉山正明著・講談社学芸文庫)を読んで、考え込んでしまった。

この本は丁寧な解説でモンゴル帝国の成り立ちと限界点が紹介されている良著で、世界史の授業でよく言われる「モンゴルの破壊」についてもそれがイデオロギーによる虚説であると証明している。南宋、アラブ諸国、中央アジア諸国いずれもが、モンゴルの介入によって文化・文明が破壊された事実はなく、むしろ都市は発展すらしているという。史料や統計で明らかになっているそうだ。

では何故通説はなくならないのか。モンゴルはヨーロッパ・アラブ・アジアをまたいだ大帝国のため、様々な国で少しずつ研究は進んでいるものの、統合された史論にはなっていない。このことが原因で、国ごとのローカルな通説を修正できていないようだ。詳細は本書を見てもらえれば納得できるが、ロシア・中国・ペルシャの通説固執例を詳しく出している。

もう1点気になる指摘があった。初版(1995年)当時隆盛していたウォーラステイン氏による「世界システム論」を軸にした、現在の社会システムを遡って主な歴史を決めていく欧米流の『グローバルな歴史』が築かれつつあるという。たしかに、大航海時代以降、西欧を根拠地とする文明は世界を席巻した。それは現代も継続している。この欧米が自らの覇権を振り返ったのが『グローバルな歴史』である。そのような史観自体は否定していないが、杉山氏が問題としているのは、世界システム論でアジア・アフリカも含んだ全ての歴史を語れると信じ込んでいる点。そしてその史論を欧米の知識層が多数支持している点なのだ。

西欧が火器によってアジア・アフリカに侵攻するのは19世紀以降であり、たかだか200年の歴史でしかない。それ以前の世界史も存在するということを、欧米以外の各国史家が発言していかなければならないだろう。その意味では、西洋植民地時代に先駆けて独自の世界帝国を形成したモンゴルは、現代の欧米覇権主義に対抗し得る歴史的題材である、と語られている。

このくだりを読むと、「別の目的を持つ歴史論」の危険性に改めて気づく。歴史は国内統治や外交、詐欺に巻き込まれやすい。たとえば日本の戦国代であれば、江戸初期に書かれた軍記の多くは、作者の宣伝に使われたり、遺族からの要望でいもしない人物が加筆されたりしていた。現代から見るとどうでもいいような理由で歴史が変えられていったし、それは現代でも続いている。

別目的や主観を排除するには、史料だけを見つめて、推論の上に推論を重ねない注意を払って仮説を組み立てていくしかない。しかし、史料は事実を語ってくれるのだろうか……。最近疑問に思っている。歴史学は再現性を全く担保できない。史料第一主義の立場からすると、これは絶望的な欠陥だといえる。

中津城探訪

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

昨年(2010年)夏に中津へ立ち寄ることがあり、中津城に行ってみた。

本丸に作られた大天守を望む。高さから言うと、5層で過不足はないと思うが、建坪が少ないので異様な感じがする。松本城天守が上層の逓減率が低く頭でっかちなため、実見した際、写真よりも威圧感があって驚くが、ちょうどその逆パターン。

本丸の石垣は野面積みっぽかった。この写真は、後世組み直されたエッジ部分だと思われる。石垣は角をしっかり組まないと崩れやすいのだが……。

管理事務所、小天守、大天守が重なるように撮影(岡山城っぽく)。左手には奥平神社があるが、どちらも後世の築造物。江戸期に天守や神社があった記録はない。ちなみに、手前の車庫は標準的な大きさのもの。若干パースがかかるとはいえ、天守が5層であることが不自然なのが判ると思う。

奥平神社の側面から撮影。屋根瓦に雑草が生えている……かなりの財政難かと。

大天守最上階からの眺望。左手が山国川で、手前の建物が中津大神宮。山その向こうの奥にあるのがその社務所で、さらに奥の木立には中津神社がある。また、社務所右側に金比羅神社があるが、ここの櫓が天守代わりだったという。

この画面の右手には、黒田氏入部に抵抗して騙まし討ちで滅亡させられた宇都宮氏を祀った城井神社がある。城跡に神社はつきものだが、これだけ密集しているのも珍しい。

城井神社の表札が、何だかマジックっぽいインクで書かれていた驚いた。下の画像は金比羅社内に安置されていた魚のお神輿。これも初めて見た代物でびっくり。

城下の寺町にある合元寺。赤い壁は、騙まし討ちにあった宇都宮家臣のもので、何度塗り替えても赤く浮かび上がることから、赤く塗って目立たなくさせたという。中津城の寺町は道路が狭く、かなりの密集状態にある。自動車は1台ぎりぎり通れる道で、なおかつ曲がりくねっている。往時の面影は忠実に伝えられている。

中津城のそばには福沢諭吉旧居記念館もあって、明治時代の中津についての展示も見られる。福沢諭吉が勉学に励んだという土蔵の2階には、ご覧のようなフィギュアが安置されている。

中津城の天守は2010年10月に埼玉の福祉事業会社『千雅』が買い取っており、内装工事で行なっていたようだ。2011(平成23)年2月26~27日には天守前に特設雛壇を設置し、「人間ひな飾り」を開催するという。

夫婦別姓の歴史的経過

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

『戦国を生きた公家の妻たち』 (後藤みち子著・歴史文化ライブラリー)を読んだところ、最近の日本で取り沙汰されている夫婦別姓に関して考察されていたのが面白かった。戦国時代になるまでの公家では、女性の地位が低く夫や子供と同じ姓を名乗れなかったという。現代とは逆で『別姓から同姓へ』という流れがあったのだ。夫婦同姓を可能にしたのが『正妻』という概念であり、政略結婚という手法だった。

『家』が現代でいう企業体を意味し始めていた戦国期。武家も公家も、変則的な末子相続から嫡長子相続が一般的になってくるが、嫡子は正妻が産むのが原則というスタイルを作り出すことで、嫡子には正妻の実家の支援も受けられるようになる。実際に文献に当たってみても、女性を介したつながりで活動していることが多い。

上掲書では例として、この頃普及し始めた風呂の風習を挙げていた。男性だけが行なっていた時は、気心の知れた2~3人の友人だけで月を見ながら適当に集まってダラダラ飲んでいた。そこに女性が入ったことで、実家の兄弟や姉妹を通じた縁戚なども多数呼んで定時開催するようになり、政治サロンとして機能するようになったという。何だか現代でもそのまま当てはまりそうな風景である。

外交に参加できる政略結婚は女性にとって一種の参政権であり、そのためには婚家の苗字を称す唯一の嫁=正妻であるという地位が必要だ。それまでの妻たちは単に子を産む道具とされていて、正妻も妾も区別がなかったという。この時、『正妻』というこれまでなかった存在を作るため、嫁と姑が団結して事に臨んでいる。正妻は当主と同等の地位を持ち、姑から嫁へ代々継承されるものである。そして、実家と婚家を政治的に結ぶ外交機能を担うという定義が徐々になされていく様子は興味深かった。

ここでは公家を扱っていたが、武家のほうが早く正妻システムを導入していたように思う。きっちり史料に当たった訳ではないものの、鎌倉後期には正妻と嫡男は確立されており、執権北条氏が有力御家人の正妻に自身の一族を送り込んでいたと理解できる。

ちなみに、現代の日本社会では恋愛結婚が至上であるため、「政略結婚は非人道的」という認識があるように思う。いわく「女性は政治の道具に過ぎない」と。ところが、恋愛結婚が見合い結婚を上回った1970年代以降、離婚率・未婚率が上昇している(見合い結婚の方が離婚率が低い)ことから考えて、恋愛結婚が日本人にとって自然で合理的な婚姻手法とは考えがたい。

16世紀に導入された夫婦同姓は、21世紀に入って新たな議論を呼んでいる。最早『家』は法人と同義ではなく、個人が大きな権限を持つ時代に突入した。家のシステムが変革される場に居合わせることが出来るならば歴史を調べる者として至福の限りである。

2人の義氏

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

鎌倉期と戦国末期に、2人の足利義氏が存在していた。それぞれが足利家の始点と終点を体現しており、『義氏』とはある意味究極の名前であることを示していた。
足利氏は、もともとは上野国在地の源氏に過ぎなかった。ところが、鎌倉政権が出来る際に初代義康が頼朝の従兄弟である点を活かし、義康の嫡男義兼の正室に北条時政の娘を迎える。その意図は源家将軍外戚との連携を図ったものだが、3代で源家が途絶えて北条氏が執権として台頭した辺りから風向きが変わってくる。
足利と北条両方の血を引く義氏(義兼の嫡男)は、執権泰氏の娘を娶り嫡男を儲ける。この息子にも、義家以来足利家が名乗っていた通字『義』を与えたかったのだろうが、既に源家が滅亡しており、ここで源氏色を出すのは危険という判断を下したと思われる。嫡男は泰氏の『泰』と義氏の『氏』をもらって泰氏と名乗る。正室は父と同じく北条一族の出身。
その後、時頼から偏諱を受けた頼氏につながるが、その息子は家時という特殊な名乗りである。本来であれば時宗から偏諱を受けて『宗氏』とでも名乗れば規定の路線だが、家時の母は頼氏正室の北条氏ではなく上杉重房(将軍宗尊親王の補佐役)娘であることから、嫡男として想定されていなかった節がある。家時は北条政権に批判的だったと伝わり、最期は詰め腹を切らされたとの説もある。「母が上杉氏の異端児」という点は尊氏につながっていく。
家時の正室も北条一族だが、またしても子がなく新田氏出身の側室が貞氏を産む。貞氏は北条貞時の偏諱を受けたもので、『執権からの偏諱+氏』というパターンが復活する。そして重なることは再三に及び、貞氏の正室北条氏も子がなく、側室上杉氏が産んだのが尊氏(当初は高時偏諱で高氏)だった。
尊氏は源家政権を復活させ、嫡男には北条氏への気兼ねもなく義詮と名乗らせる。皮肉なことに、義詮は尊氏正室北条氏の産である。以降、義昭に至るまで足利惣領家は『義』の通字を徹底させることとなる。
  1. 義康 足利初代
  2. 義兼 頼朝が母方の従兄弟
  3. 義氏 母は北条時政の娘
  4. 泰氏 母は北条泰時の娘
  5. 頼氏 母は北条時氏の娘
  6. 家時 母は上杉重房の娘
  7. 貞氏 母は新田政氏の娘
  8. 尊氏 母は上杉頼重の娘
  9. 義詮 母は北条久時の娘
その一方で、義詮の同母弟が関東公方として別系統を立てる。尊氏はこの次男に『氏』を与えて基氏と名乗らせる。その嫡男氏満は、父の『氏』を先頭にして、京公方義満の『満』を後ろにつけている。関東と京が対等と見るならば妥当な名だが、関東は臣下と考えていた義満は面白くなかっただろう。その嫡男は満兼で、一見義満の『満』を頭にいただいているようにも見えるが、氏満の名ともかぶるために微妙なニュアンスである。
その次の持氏は京の義持の偏諱をしっかり取り込んだ形になっており、一応京の臣下に立ったことが判る。ところが持氏はその扱いに不満で、嫡男に義久と名乗らせた挙句、永享の乱によって義久ともども切腹させられる。
鎮圧後は成氏(義成=義政初名からの偏諱)、政氏(義政からの偏諱)と続いて名乗りの上からは平穏に見えるが、両者ともに徹底して京政権に反旗を翻している。とはいえ、『義』を名乗ることはなかった。父政氏と折り合いが悪かった嫡男は、高(義高=義澄の2番目の名からの偏諱)+基(基氏から引く)と名乗って『氏』を捨てている。
その後晴氏(義晴からの偏諱)、藤氏(義藤=義輝初名からの偏諱)と妥当な名乗りに落ち着いていた。藤氏は後北条氏によって廃され、後北条一族の血を引く梅千代王丸が最期の関東公方となる。その名乗りは、京の『義』と関東の『氏』を合わせた最強のものとなった。京公方家の衰退と、後北条氏の強力なバックアップにより、強い名乗りが可能になったものの、それは皮肉なことに足利家の傀儡化完了を意味していた。最も完成された名前を与えることで、後北条氏は「これで終了」と意図していたのかも知れない。
  1. 基氏 関東公方初代
  2. 氏満 母は畠山家国の娘
  3. 満兼 母は不明
  4. 持氏 母は一色氏
  5. (義久) 母は不明(簗田氏?)
  6. 成氏 母は不明(簗田氏?)
  7. 政氏 母は簗田直助の娘
  8. 高基 母は不明
  9. 晴氏 母は宇都宮成綱の娘
  10. (藤氏) 母は簗田高助の娘
  11. 義氏 母は北条氏綱の娘
「義氏」から『義』と『氏』の分裂の遠因を作ったのも、2つを統合させたのも「北条氏」という点はどこか因縁めいている。

鎌倉期と戦国末期に、2人の足利義氏が存在していた。それぞれが足利家の始点と終点を体現しており、『義氏』とはある意味究極の名前であることを示していた。
足利氏は、もともとは上野国在地の源氏に過ぎなかった。ところが、鎌倉政権が出来る際に初代義康が頼朝の従兄弟である点を活かし、義康の嫡男義兼の正室に北条時政の娘を迎える。その意図は源家将軍外戚との連携を図ったものだが、3代で源家が途絶えて北条氏が執権として台頭した辺りから風向きが変わってくる。
足利と北条両方の血を引く義氏(義兼の嫡男)は、執権泰氏の娘を娶り嫡男を儲ける。この息子にも、義家以来足利家が名乗っていた通字『義』を与えたかったのだろうが、既に源家が滅亡しており、ここで源氏色を出すのは危険という判断を下したと思われる。嫡男は泰氏の『泰』と義氏の『氏』をもらって泰氏と名乗る。正室は父と同じく北条一族の出身。
その後、時頼から偏諱を受けた頼氏につながるが、その息子は家時という特殊な名乗りである。本来であれば時宗から偏諱を受けて『宗氏』とでも名乗れば規定の路線だが、家時の母は頼氏正室の北条氏ではなく上杉重房(将軍宗尊親王の補佐役)娘であることから、嫡男として想定されていなかった節がある。家時は北条政権に批判的だったと伝わり、最期は詰め腹を切らされたとの説もある。「母が上杉氏の異端児」という点は尊氏につながっていく。
家時の正室も北条一族だが、またしても子がなく新田氏出身の側室が貞氏を産む。貞氏は北条貞時の偏諱を受けたもので、『執権からの偏諱+氏』というパターンが復活する。そして重なることは再三に及び、貞氏の正室北条氏も子がなく、側室上杉氏が産んだのが尊氏(当初は高時偏諱で高氏)だった。
尊氏は源家政権を復活させ、嫡男には北条氏への気兼ねもなく義詮と名乗らせる。皮肉なことに、義詮は尊氏正室北条氏の産である。以降、義昭に至るまで足利惣領家は『義』の通字を徹底させることとなる。
義康 足利初代義兼 頼朝が母方の従兄弟義氏 母は北条時政の娘泰氏 母は北条泰時の娘頼氏 母は北条時氏の娘家時 母は上杉重房の娘貞氏 母は新田政氏の娘尊氏 母は上杉頼重の娘義詮 母は北条久時の娘
その一方で、義詮の同母弟が関東公方として別系統を立てる。尊氏はこの次男に『氏』を与えて基氏と名乗らせる。その嫡男氏満は、父の『氏』を先頭にして、京公方義満の『満』を後ろにつけている。関東と京が対等と見るならば妥当な名だが、関東は臣下と考えていた義満は面白くなかっただろう。その嫡男は満兼で、一見義満の『満』を頭にいただいているようにも見えるが、氏満の名ともかぶるために微妙なニュアンスである。
その次の持氏は京の義持の偏諱をしっかり取り込んだ形になっており、一応京の臣下に立ったことが判る。ところが持氏はその扱いに不満で、嫡男に義久と名乗らせた挙句、永享の乱によって義久ともども切腹させられる。
鎮圧後は成氏(義成=義政初名からの偏諱)、政氏(義政からの偏諱)と続いて名乗りの上からは平穏に見えるが、両者ともに徹底して京政権に反旗を翻している。とはいえ、『義』を名乗ることはなかった。父政氏と折り合いが悪かった嫡男は、高(義高=義澄の2番目の名からの偏諱)+基(基氏から引く)と名乗って『氏』を捨てている。
その後晴氏(義晴からの偏諱)、藤氏(義藤=義輝初名からの偏諱)と妥当な名乗りに落ち着いていた。藤氏は後北条氏によって廃され、後北条一族の血を引く梅千代王丸が最期の関東公方となる。その名乗りは、京の『義』と関東の『氏』を合わせた最強のものとなった。京公方家の衰退と、後北条氏の強力なバックアップにより、強い名乗りが可能になったものの、それは皮肉なことに足利家の傀儡化完了を意味していた。最も完成された名前を与えることで、後北条氏は「これで終了」と意図していたのかも知れない。
基氏 関東公方初代氏満 母は畠山家国の娘満兼 母は不明持氏 母は一色氏(義久) 母は不明(簗田氏?)成氏 母は不明(簗田氏?)政氏 母は簗田直助の娘高基 母は不明晴氏 母は宇都宮成綱の娘(藤氏) 母は簗田高助の娘義氏 母は北条氏綱の娘
「義氏」から『義』と『氏』の分裂の遠因を作ったのも、2つを統合させたのも「北条氏」という点はどこか因縁めいている。

月代とお歯黒と烏帽子と

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

最近の戦国物のゲーム・ドラマを観ていると、大名なのに身なりが異常な人間が常態になりつつある。現代風の髪型と面貌で、着衣は辛うじて昔風という :shock:

各種史料が揃って、本格的な歴史研究が進んでいる昨今に逆行するようで不思議な現象だと、個人的には思う。

一般に、月代を剃っていない武士は失業が長いか元服できていない可能性が高い。また、「お歯黒は今川義元と公家のもの」という変な現代常識があるが、身分が一定以上の武士はお歯黒を染めていた。『おあむ物語』の、首級のランクを上げるために死後お歯黒を塗るという記述がそれを裏付けている。
烏帽子については、着装必須かは微妙だ。室町中期以前であれば、たとえ全裸になっても烏帽子だけは外したくないという意識が強かったのだが、戦国期後半になると頭頂部を晒した肖像画も出てくる。ここは誤差だと見てよい。

戦国でも現代でも変わらない事柄(親子の情や義理人情など)はあるものの、外見を不必要に現代人の感覚に引き寄せるのもいかがなものかと思う。キャラクタービジネスとしてはそれでいいのかも知れないが、「ゲームメーカーやマスコミが研究を踏まえて採用している」と思い込む人が増える…… :roll:

シリアスな戦争をチャンバラ活劇にしてしまった近世の軍記ものと同じ現象が繰り返されるということで、これはこれで歴史の一部と認識するのが正しいような気もするが、どこか釈然としないのも事実である。

篠原城探訪

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

新横浜駅から歩いて5分程度の丘に存在する、小規模な城跡。小机城と関係すると見られている。新横浜駅の篠原口から出て、東海道新幹線の線路に沿って東京方面に歩く。間もなく右手に下の山が見えたら行き過ぎなので、もう1つ下の写真にある曲がり角から正覚院に入る。

西から城跡を見上げる。右手が正覚院墓地につながる。

西から城跡を見上げる。右手が正覚院墓地につながる。

自販機の角を右に曲がると正覚院となる。裏手の墓地を上り切ると城に行ける。

自販機の角を右に曲がると正覚院となる。裏手の墓地を上り切ると城に行ける。

正覚院の墓地が聳え立っているので、迷わず登る。最上層に行くと、下記石仏があって地続きで藪が広がる。この藪が篠原城である。

正覚院墓地の最高地点に行くと、近世の仏像が立っている。ここから城跡に入れる。

正覚院墓地の最高地点に行くと、近世の仏像が立っている。ここから城跡に入れる。

西空堀の外側にある土塁。全く手入れされていないようだが、形が良好に残っている。

西空堀の外側にある土塁。全く手入れされていないようだが、形が良好に残っている。

意外と深い、主郭西の空堀。往時は鋭い角度を持っていたのかも知れない。

意外と深い、主郭西の空堀。往時は鋭い角度を持っていたのかも知れない。

主郭西側に横たわる竪堀。うっすらだが確実に残っている。

主郭西側に横たわる竪堀。うっすらだが確実に残っている。

3月でもこの藪。みっしり生えていて、軽装では突入不能。

3月でもこの藪。みっしり生えていて、軽装では突入不能。

写真で判るように、主郭突入はかなりの重装備が必要となる。「新横浜にある城だから」と気軽に訪れると引き返す羽目になるだろう。

主郭から西の空堀にごく小規模な虎口があった。写真では判りにくいが、奥が主郭。

主郭から西の空堀にごく小規模な虎口があった。写真では判りにくいが、奥が主郭。

この虎口を見つけた時は溜め息が出た。北の大手から西の空堀底を進むと、小さな土橋に行き当たる。この土橋はバンクを描きながら主郭へつながる。つまり、空堀を進んできた敵は土橋を土塁代わりにした攻撃を受ける。ここをしのいでも、横の主郭からも攻撃されることとなる。

滝山城や小机城といった支城クラスならともかく、地元に「金子某の城」ぐらいしか伝わっていない城跡で見かけるとは思わなかった。「自然地形か後世の改変では?」と思いよく調べたが、土橋は対岸まで明確に残っていた上、バンクがあるため後世の便宜改変とも思えなかった。そもそも、主郭が藪で覆われれていることから用地として使われているとも思えない。

主郭から北に大手らしい道が下っていく。民家と畑、庭が連なる。

主郭から北に大手らしい道が下っていく。民家と畑、庭が連なる。

意外なほどちゃんと残っている史跡で、茅ヶ崎城と同じく今後調査と公開が望まれる。正覚院側の高地は住宅街がすぐそばまで迫っており、そちらの遺構はもう判らない。

3 / 512345