カテゴリー : 史観雑感

中津城売却先決定


中津に関するエントリを上げた矢先の10月4日、7月より模索されていた売却先が埼玉の法人に決定した。先年ようやく成瀬家から公のものになった犬山城と同じく、中津城も奥平家所有だったそうだ。中津市と交渉していたが1億5,000万円の売却金額・事前耐震検査の是非を巡って決裂し、インターネットを経由して売却先を探していた。今回の売却金額は5,000万円。安いと見るか高いと見るか。

売却益で天守の直下にある奥平神社の修繕をするそうだが、確かに雑草が生えかかって大変そうだった。本丸にはこのほかに城井神社・中津大神宮・金比羅神社などが林立する。過疎化が進む中で、神社の結婚式も減り観光客も減ったのだという情報がネット上にあった。

その一方で、今川義元に大高兵粮入れでの戦闘を称えられていた奥平定勝の子孫が、よくぞここまで城を保ったという感慨もある。成瀬・奥平ともに21世紀まで城を守り奥三河国人の面目を施したと言えるだろう。

幕末ブームについて思うこと


NHK大河ドラマの影響からか、坂本竜馬を中心とした幕末書籍やテレビ番組が多い。歴史に興味を持つ人が増えるのは嬉しいことだと思う。

ところが個人的には、幕末の思想背景は模糊としており、すっきりしなかったので馴染みがない。曖昧な割に、通史では「尊皇攘夷」「公武合体」「開国論」「征韓論」などなど、イデオローグで人々が行動したように描かれる(「勝てば官軍負ければ賊軍」は維新後の言葉らしいが)。特に攘夷は判りづらい。水戸藩・萩(山口)藩が突出した攘夷原理主義のようではあるが、孝明天皇のそれとどう違うのか。

『攘夷の幕末史』(講談社現代新書・町田明広著)を読んだところ、尊皇攘夷VS公武合体の対立構造がおかしいのではないか、という指摘があり幕末への視野が少し開けた感があった。尊皇と攘夷は別物であり、当時の日本では殆どの人間が尊皇と攘夷を掲げていたという。但し、勅命を最優先する直接尊皇と、陪臣であることから台命(大政委任による幕府経由の勅命)を優先する間接尊皇が存在したとのこと。

攘夷の方は古来より存在する「朝鮮を日本の朝貢国にして天皇制を確立したい」という願望と連動しており、「とりあえず外国を追い払ってから侵略」派(小攘夷)と、「とりあえず開国して戦備を備えてから侵略」派(大攘夷)に分かれていた。

何れにせよ攘夷は侵略概念であり、当時の日本では海外侵略を行なうことは国是として認識されていた。一見弱腰外交に見える幕府要人も征韓論を意識していたし、勝海舟・坂本竜馬も侵略を前提に開国を語っている。

東アジアの華夷秩序内で「天皇」という小皇帝を内包した段階から、自分たちへの朝貢国探しが始まり、三韓征伐伝説・羽柴氏の朝鮮出兵・日清戦争・日露戦争を経て太平洋戦争まで突き進んだ侵略概念が、攘夷なのだという(琉球・朝鮮通信使もこの文脈に合致する)。

これはとても腑に落ちる意見だ。日清戦争以降の戦いについて「西欧列強が植民地政策を進めたため日本も追随した」という言説をよく聞くが、「元からあった攘夷(侵略)概念が近世猛烈に増幅され、列強の施策に便乗する形で発露した」と考えたほうが、幕末になぜ攘夷という言葉がしきりと使われたのか判然とする。

個人的には、攘夷はイデオローグだけでなく、貿易と外貨兌換率を巡る経済主張でもあったと思うのだが、この辺りは金本位制を巡る経済論になるので改めて考察してみたい。

ちなみに、過日中津を訪れる機会があったが、この地方では幕末期、蘭癖大名として著名だった奥平昌高の意を受け、医学を中心として様々な活動をしていた。そういった事柄は全て郷土史でしかなく、ただ福沢諭吉の出生地としてのみ語られている印象がある。

単に私がこの時代について無知過ぎるのかも知れないが、特定の英雄だけが突出して掘り下げられる傾向は厳然として存在しているように思う。

ただ、その状況はインターネットによる情報発信で大きく改善される可能性があると信じている。これまで発信手段のなかった郷土史家が、ネット上で様々な人物を紹介してつなげていくという作業も可能ではないかと。その過程で激しい議論もあるだろうし、拒否される意見も出るとは思うが、通り一遍だった歴史が、地域ごとに多元性を持つ好機でもあるだろう。

『漂流巌流島』


創元推理文庫の『漂流巌流島』(高井忍著)を読んだ。主人公が脚本家の4話もので、それぞれ、巌流島の決闘・赤穂浪士の討ち入り・池田屋事件・鍵屋の辻の仇討ちがモチーフとなっている。

ひょんなことから素人歴史研究家が矛盾に気づき、様々な視点から解明を試みる、というのはジョセフィン・ティーの『時の娘』と同じ構成(当サイトのスローガンである「TRUTH IS THE DAUGHTER OF TIME」もこの作品から援用している)。

4作の中では、赤穂浪士討ち入りが最も興味深かった。浅野長矩の傷害事件だけを取り上げるのではなく、他の江戸城内の刃傷沙汰(細川宗孝が傷害致死となった件)と並べて検証している点は奥が深い。喧嘩両成敗の語義が、非武士と武士の間で異なっていたことに言及しているのもポイントが高かった。

巌流島と鍵屋の辻は、推理物としてはなかなかだが歴史上の整合性を考えると、作者が提示した結末は必然性に欠ける気がする。一番残念だったのが、池田屋事件の推理。作者の新撰組への思い入れは感じるものの、蓋然性にすら乏しい筋立てで、謀略に寄り過ぎではないか。謀略でもいいのだが、冒頭で提示された吉田稔麿の一件を深追いすべきじゃないかと……。

とはいえ歴史部分の叙述も平明でテンポがよく、佳作であることに違いはない(歴史物というよりは推理物として読んだほうがいい)。

小机城訪問 竹林による城跡整備


JR横浜線の小机駅から、歩いて10分。横浜線と第3京浜が交差するという現代でも要衝の地に小机の城跡がある。途中の住宅街が若干入り組んでいるものの、城はずっと見えているので迷うことはないだろう。

小机駅ホームより城跡を望む

小机駅ホームより城跡を望む

私が初めて小机を訪問したのは15年近く前だったが、その際は城下の根小屋集落は古い民家が多く、小机城に関係のある人々がまだ住んでいる雰囲気があった。現在では城のすぐそばまで新興住宅地が押し寄せている状態で、往時の面影はない。

根小屋と称される集落より登る

根小屋と称される集落より登る

城の縄張りは、第3京浜・横浜線による破壊された部分が多く未解明だという。それでも、東西の主郭は残されており、中心部は明確に遺されている。

かなり年季の入った想定図看板

かなり年季の入った想定図看板

城跡内はほぼ全域を竹林が覆っており、藪をかき分けるような場所はない。下草も刈られて起伏をしっかり見られる。竹薮になってしまうと竹の根が遺構を破壊することもあるようだが、現状は問題ないように見受けられた。

東西郭を区切る堀底は遊歩道になっている

東西郭を区切る堀底は遊歩道になっている

また初見の頃の話に戻るが、当時は丸太の展望台のような井楼が模擬で東郭に建っていた。とはいえ、登ったとしても木々に遮られて余り眺めが良くなかった印象がある。鶴見川が一望できるかもと期待していたので少々落胆した記憶がある。その展望台も撤去されている。

西郭矢倉台は、以前丸太組みの井楼が建てられていた

西郭矢倉台は、以前丸太組みの井楼が建てられていた

最後に、小机城の最大のセールスポイント、比高二重土塁をご紹介しよう。これは縦深で土塁を2重化したもので、後北条系の城跡に多く見られるという。

城の中心部を高い土塁で囲い、その向こうに低い土塁を配置する。そして、土塁と土塁の間を空堀とするものだ。攻撃側が手前の低い土塁を越えると、空堀がある。防御側はその向こう高い土塁から狙い撃ちという仕掛けだ。

東郭南の空堀とその対岸は比高二重土塁になっている

東郭南の空堀とその対岸は比高二重土塁になっている

比高二重土塁の外縁から空堀を覗く

比高二重土塁の外縁から空堀を覗く

茅ヶ崎城では西に向かって僅かに見られた比高二重土塁が、小机でははっきりと遺されている。河川と集落と位置関係、郭と矢倉台の配置などで茅ヶ崎城・小机城はよく似た構造を持っている。

今後の更新について


 2007年8月27日にWikiからBlogへ変更されてから、早いもので3年が経過した。Pukiwikiで記事をアップしていた頃から勘定すると、5年超である。紆余曲折ありつつ今川義元敗死の原因を追究し続けてきた。

 450周年であり、私の年齢が義元享年と近づく2010年には一旦結論を出したかったものの、それは叶わなかった。2011年2月に刊行される『戦国遺文 今川氏編2』で史料を見るまでは鳴海原合戦の検証は完結しないためだ。とはいえ現状入手できる史料のアップロードが終了しているため、史料探索は鳴海原からずれていく。興味の対象が徐々に1561(永禄4)年の小田原合戦に移っていることもある。山内憲政を中心に考えると、この遠征にはいくつか疑問点が出てくる。史料を揃えたらそれらを検討してみたい。

 鳴海原合戦に関しては、直接関与する織田氏関係の文書は1点しかない(佐久間信盛書状)。何らかの形で刊行されることがあれば採取したいが見込みは薄い。
 織田氏系の史料として取り上げられているのが『信長公記首巻』だが、当サイトで検証した通り厳密な史料というよりは荒唐無稽な講談に近い内容である。本来であれば『信長公記』全般の記事を全て検証して、首巻の『桶狭間』と比較してみる手法もあるが、書誌学に近くなってしまうこともあって現状では見送っている。

茅ヶ崎城訪問 遺構保存方法の一例


東郭土橋から北方を望む

東郭土橋から北方を望む

 2006年から工事によって足止めされていたが、ようやく隙を見つけて訪れてみた。この城は横浜市営地下鉄のセンター南駅から徒歩で10分、しかも公園化されて見晴らしもよいという、まとまった時間がとれない人間にはありがたい城跡である。

メインエントランス

メインエントランス

 主要な曲輪は4つ。北郭は公園の入り口として位置づけられている。水洗トイレと水のみ場があって、南面する土塁がなければ「ニュータウンにあるごくごく普通の公園」。
15.2:350:263:0:0:chigasak_02:center:1:1:縄張り図:0:
 公園化されて縄張りがとても把握しやすくなっており、土の城を満喫できた。とはいえ夏に行ったら遺構を見渡すのは若干厳しいか。
24.3:350:263:0:0:chigasak_03:center:1:1:東郭土橋より北郭を望む。左は中郭土塁:0:
 規模からいうと深大寺城よりやや大きい程度か。江戸から早渕川を渡河して小机に抜ける街道が城の主軸なのかと推測した。空堀道の北辺にある虎口から入り、中郭と西郭に挟まれた空堀道を上った後で土塁に突き当たって東進、中郭の土塁北側を迂回し、今度は東郭に睨まれつつ南へ抜けていくプラン。
26.8:350:263:0:0:chiagasak_04:center:1:1:サブエントランスからの虎口。中郭と西郭間の空堀道へ:0:
 史料上は持ち主がはっきりしない城だが、扇谷系という見方が優勢らしい。その場合、江戸から見て早渕川の橋頭堡を守る位置づけになる。後北条氏が利用していたとすると、江戸・小机の中継拠点で、どちらかというと物資の集散拠点的な位置づけだったのではないかと推測してみた。
24.8:263:350:0:0:chigasak_05:center:1:1:東郭から南郭下虎口を見下ろす。奥の左手は中郭土塁:0:
 空堀を埋めて整備はしているものの、土塁に関しては若干崩落の不安が感じられた。特に東郭突端部分は何らかの工事が必要かと思われる(立ち入り禁止状態)。ここは整備が入る前の私有地だった頃より不安定な地形だった。
23.5:350:263:0:0:chigasak_06:center:1:1:東郭北の腰郭から私有地を見下ろす。ここも遺構の範囲内の模様:0:
 特筆すべきは東郭北面にある排水システムで、側溝に集めた雨水を樋で落とし、腰郭にある砂利面に落としている。恐らくこの砂利の下には排水溝があるものと思われる。東郭は比高が高い割りに小さくて孤立しているので、豪雨時の対応としてこの装置を置いたのだろう。
26.2:263:350:0:0:chigasak_07:center:1:1:東郭北面側溝。この先に樋あり:0:

28:350:263:0:0:chigasak_08:center:1:1:郭上から見下ろした樋と砂利面:0:

25.8:263:350:0:0:chigasak_09:center:1:1:下から見た雨樋装置:0:

 条件としてほぼ近い小机城と比較しても、よく整備されていると感じた。空堀が埋め戻されている分だけ迫力は減じているものの、夏でも遺構が楽しめるのは大きなメリットだろう。

5 / 512345