カテゴリー : 2010年 8月

今後の更新について

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`fc2` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

 2007年8月27日にWikiからBlogへ変更されてから、早いもので3年が経過した。Pukiwikiで記事をアップしていた頃から勘定すると、5年超である。紆余曲折ありつつ今川義元敗死の原因を追究し続けてきた。

 450周年であり、私の年齢が義元享年と近づく2010年には一旦結論を出したかったものの、それは叶わなかった。2011年2月に刊行される『戦国遺文 今川氏編2』で史料を見るまでは鳴海原合戦の検証は完結しないためだ。とはいえ現状入手できる史料のアップロードが終了しているため、史料探索は鳴海原からずれていく。興味の対象が徐々に1561(永禄4)年の小田原合戦に移っていることもある。山内憲政を中心に考えると、この遠征にはいくつか疑問点が出てくる。史料を揃えたらそれらを検討してみたい。

 鳴海原合戦に関しては、直接関与する織田氏関係の文書は1点しかない(佐久間信盛書状)。何らかの形で刊行されることがあれば採取したいが見込みは薄い。
 織田氏系の史料として取り上げられているのが『信長公記首巻』だが、当サイトで検証した通り厳密な史料というよりは荒唐無稽な講談に近い内容である。本来であれば『信長公記』全般の記事を全て検証して、首巻の『桶狭間』と比較してみる手法もあるが、書誌学に近くなってしまうこともあって現状では見送っている。